アスパラガス

「採りっきり栽培」発表会

新栽培方法発表
明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室との共同研究を発表
アスパラガス栽培法
「採りっきり栽培®」発表会

~元木悟准教授による栽培セミナー&試験圃場を公開~

2016年5月14日(土)@明治大学生田キャンパス

発表会実施レポート

2016年5月14日(土)、明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室とパイオニアエコサイエンス株式会社は、明治大学 生田キャンパス(神奈川県川崎市)にてアスパラガス新栽培法「採りっきり栽培®」発表会を開催いたしました。

発表会には、生産者や研究者、市場関係者など250名にご参加いただきました。

採りっきり栽培®は・・・

定植翌年から収穫ができ、毎年株を更新するので病気のリスクが軽減できます。
採りっきり栽培推奨品種を栽培することで、短期間で株養成が可能になります。
ハウス栽培との併用で、立茎時(3~6月頃)にも「採りっきり栽培」で収獲でき、切れ目なく出荷することができます。

従来の栽培法との違いは・・・

従来の栽培法との違い

発表会の様子

発表会の様子-1

発表会は、圃場視察とセミナーの2部構成にて開催。まずは、昨年2月に定植したアスパラガスの収穫状況の様子をご覧頂きました。定植から約1年で、食用として十分出荷できるサイズに成長していました。

発表会の様子-2

明治大学は「新規ホーラー」も開発し特許を取得しました。
農業従事者の高齢化や新規就農者の減少が問題とされていますが、アスパラガス栽培においても「作業性の改善」と高品質多収の大株養成のために欠かせない「地温低下等の問題」を解決する必要がありました。
採りっきり栽培®に伴う「新規ホーラー」と新栽培法「採りっきり栽培®」の開発により..

  1. 深植えによる低温の影響の軽減⇒早期定植が可能に
  2. 株養成期間の延長・若茎収量の増大
  3. 作業姿勢の改善
という3つの結果を導きました。

発表会の様子-3

セミナーでは、元木悟准教授による「採りっきり栽培®」栽培概要の説明と、大学院博士前期課程2年 蕪野有貴さんによる「採りっきり栽培®」開発の現状と今後の方向性についての発表、そして、東京シティ青果株式会社 産地開発室 室長 南吉幸様をゲストに迎えたトークセッションを行いました。
参加者からは、「アスパラを栽培していない人にも勧められる可能性と、新しく産地ができる可能性が見えてきた」「1年で採れるのは面白い」「植調剤で育てるのかと思っていたら、植物本来の育ち方を助けるような自然な新しい作り方をしている点に感銘を受けた」という声を頂きました。

発表会を見逃した方必見!
8月3日(水)9:00~15:30

ミニ・中玉トマトのソバージュ栽培研究発表および圃場視察をはじめ、アスパラガス採りっきり栽培輪作の様子と採りっきり栽培8月時点の株養成の様子をご覧いただけます。

圃場案内時に元木准教授より概要説明がありますので、発表会を見逃した方も発表会後の圃場状況を視察されたい方もぜひご参加ください。

お問い合わせ

採りっきり栽培®推奨品種、採りっきり栽培®のより詳しい管理方法については、以下よりお問い合わせください。