ニュースリリース

農業経営者(10月号~2017年1月)/「技術解説」にてソバージュ栽培が4号連続で紹介されます。

農業経営者 10月号~2017年1月号にかけ、4号連続で「トマトのソバージュ栽培」と題して掲載されます。

既に12月号まで既刊ですので是非ともご覧ください。

監修は明治大学の元木先生です。

10月号 トマト生産の現状と新栽培法

11月号 東日本大震災の復興支援として

12月号 全国各地への広がり

バックナンバーのご紹介

cover1610P001_hyousi.aicover1612

 

マウロの地中海トマト通信「Pomodoro」最新号をアップいたしました。

明治大学 農学部 農学科 野菜園芸学研究室との共同研究特別号と題し、8月3日に開催した『新世代アグリチャレンジャー育成講座』の実施レポートや、ソバージュ栽培研究成果を掲載しております。(全36ページ)

ぜひご覧ください。

●Pomodoro最新号はこちら

●バックナンバーはこちら

 

pomodoro20169%e6%9c%88%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

【開催告知】アスパラガス『採りっきり栽培セミナー』

11月5日(土)明治大学生田キャンパスにて、アスパラガス新栽培法「採りっきり栽培」のセミナー第2弾を開催いたします。

申込締め切りは、11月3日(木)です。

以下より開催概要をご確認いただき、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

開催概要および申込みフォームはこちら

農業経営者(9月号)/「イベントレポート」にて新世代アグリチャレンジャー育成講座が紹介されました。

イベントレポートにて「調理用トマト普及の鍵を握る『ソバージュ栽培』」と題し、8月3日に開催した新世代アグリチャレンジャー育成講座が紹介されました。

ぜひ、ご覧ください。

 

P001_hyousi_1303_cs2

朝日新聞(9月11日)教育面/「新発想で売れる野菜に」にて共同研究成果が掲載されました。

園芸種子部と共同研究中の明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室の取り組み、研究成果が、朝日新聞にて紹介されました。

 

掲載記事はこちら

 

明治大学 農学部 農学科 野菜園芸学研究室

明治大学 農学部 農学科 野菜園芸学研究室のみなさん

 

 

 

 

 

8月3日(水)「新世代アグリチャレンジャー育成講座」追加コンテンツ決定


8月3日(水)「新世代アグリチャレンジャー育成講座」追加コンテンツ決定

クボタ社の協力でリコピンと糖度の分析デモを実施!

品種力×ソバージュ栽培技術×機能性トマトとの関係性を紐解きます。


日本初!ミニ・中玉トマトを載せるだけで、リコピンと糖度

が同時にわかる「フルーツセレクター」を使って成分分析を体験できる!

 

高機能性トマトの更なる開発と普及を目指す弊社とソバージュ栽培普及を目指す明治大学、

そして成分分析をより身近なものへと機器開発を進めるクボタ社とのコラボ

企画実施が決定しました。

 

マウロの地中海トマトの品種開発とソバージュ栽培の普及、さらに成分分析

をより身近にする機器の普及で見えてくる市場開拓の可能性を体感いただけます。

 

  • 明治大学・クボタとの共同研究について以下よりご確認ください。

→  https://www.meiji.ac.jp/koho/press/2016/6t5h7p00000lw9j3.html

 

  • フルーツセレクターに関してはこちら

http://www.rice-fruit.kubota.ne.jp/fruit/

 

  • 「新世代アグリチャレンジャー育成講座」開催概要はこちら

http://p-e-s.co.jp/ivent20160803

 

  • 参加申込フォームはこちら

http://goo.gl/forms/99Tkf6Ihej6Ta4sE2

 

皆さまのご参加、お待ちしております。

 

熟期チャートA4

マウロの地中海トマトでは、機能性成分がより高い状態で収穫できるようトマトの熟期の指標となる「熟期チャート」をチラシ化いたしました。


<本件に関するお問い合わせ>

明治大学 広報課 担当:森 TEL: 03-3296-4082 MAIL: koho@mics.meiji.ac.jp

<内容・申込みに関する問い合わせ>

パイオニアエコサイエンス株式会社 担当:川崎 TEL: 03-3438-4731  MAIL: kawasaki@aaaphj.co.jp


 

 

産官学連携による農業振興の挑戦 8月3日(水)「新世代アグリチャレンジャー育成講座」を開催


産官学連携による農業振興の挑戦

8月3日(水)「新世代アグリチャレンジャー育成講座」を開催

アスパラガスやミニ・中玉トマト等の

 新栽培法の確立から新しい食文化の創造ビジョンを描く


明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室(以下、明治大学)とパイオニアエコサイエンス株式会社(本社:港区虎ノ門、代表取締役社長:竹下達夫)は8月3日(水)、明治大学 生田キャンパス(神奈川県川崎市)にて「新世代アグリチャレンジャー育成講座」を開催します。

日本では、農業従事者の高齢化や後継者不足、担い手不足に加え、国内生産力の強化やTPP対策などが課題となり、国の政策として若い世代の生産者の育成、地域による体制強化が強く叫ばれていますが、その一方で、初期投資を押さえて新規就農を果たし売上を伸ばす若手農家や、積極的に新栽培法に挑戦する若手農家のネットワークが活性化しています。

このような状況を鑑み、明治大学とパイオニアエコサイエンスは、4年に渡って蓄積してきた共同研究の成果を現場に活かしていくため、「新世代アグリチャレンジャー育成講座」を開催いたします。

当日は、今年5月に発表したアスパラガスの新栽培法「採りっきり栽培®」と、栽培体系確立に向けて明治大学での研究開始から4年目を迎えたミニ・中玉トマトの露地・省力栽培法「ソバージュ栽培®」に焦点を当て、圃場視察および栽培技術セミナーを実施します。

また、”トマトを調理して食べる文化の創造”および”調理用トマトのマーケット開拓の可能性”と、露地・省力栽培法「ソバージュ栽培®」に着目し、生産と消費の両面からの普及が日本の農業振興に及ぼす効果をテーマとしたゲストトークセッションを実施します。

コーディネーターに野菜ジャーナリストの篠原久仁子氏をお招きし、ソバージュ栽培考案者でもある秋田県横手市実験農場の加藤正一氏、さらにソバージュ栽培を先駆者的に実践されてきた若手実力農家3名をゲストパネラーとしてお招きします。

※詳しくは、http://p-e-s.co.jp/ivent20160803


<当日の取材に関するお問い合わせ> 

明治大学 広報課 担当:森 TEL: 03-3296-4082 MAIL: koho@mics.meiji.ac.jp

<申込・イベント内容に関するお問合せ>

パイオニアエコサイエンス株式会社 担当:川崎 TEL:03-3438-4731 MAIL:kawasaki@aaaphj.co.jp


マウロの地中海トマト通信「Pomodoro」最新号をアップいたしました。

ソバージュ栽培活用編、今年の夏開催のイベント内容、マウロの地中海トマトカタログを掲載しております。(全32ページ)

ぜひご覧ください。

●Pomodoro最新号はこちら

●バックナンバーはこちら

 

P1

 

8月3日(水)明治大学にて『新世代アグリチャレンジャー育成講座』を開催いたします。

明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室との共同研究発表会「新世代アグリチャレンジャー育成講座」を開催いたします。

今年で4年目を迎える産学連携企画となります。

詳細は以下よりご確認ください。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

●開催概要・実施コンテンツについてはこちら

●参加申込はこちら(WEB専用フォーム)

 

産学連携企画 「新世代アグリチャレンジャー育成講座」 in 明治大学

日経流通新聞(6月27日)14面/「個性派野菜が看板商品」にてトスカーナバイオレットが掲載されました。

人気上昇中の「個性派野菜を売りにした専門店」の紹介記事において、トスカーナバイオレットが掲載されました。

※東京・表参道「セレブ・デ・トマト」ではトスカーナバイオレットが販売中。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本農業新聞(2016年6月17日)総合営農面/「株管理楽1作限り」にてアスパラガス採りっきり栽培が掲載されました。

明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室との共同研究として発表した「採りっきり栽培®」について

日本農業新聞に掲載されました。

 

採りっきり栽培_掲載記事はこちら

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

採りっきり栽培® 撮影:パイオニアエコサイエンス

 

 

アスパラガス「採りっきり栽培」発表会実施レポートをアップいたしました。

2016年5月14日(土)、明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室との共同研究 アスパラガス新栽培法「採りっきり栽培®」発表会を開催いたしました。

詳しくは、実施レポートをご覧ください。

 

●「採りっきり栽培」発表会実施レポートはこちら

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加申込受付開始「アスパラガス新栽培法『採りっきり栽培』発表会」

5月14日(土)明治大学生田キャンパスにて開催予定「アスパラガス新栽培法『採りっきり栽培』発表会」の参加申込受付を開始いたしました。

申込締め切りは、5月10日(火)です。

以下より開催概要をご確認いただき、お早めにお申込みくださいますようお願い申し上げます。

 

開催概要および参加申込フォームはこちら

マウロの地中海トマト通信「Pomodoro」2016年新春特大月号をアップいたしました。

2016年1月に発行いたしました、Pomodoro新春特大号をアップいたしました。

バックナンバーも合わせてごご覧いただけます。

ダウンロードはこちら

 

表紙

 

 

 

【マウロの地中海トマト】種子・資材の注文フォームを変更いたしました。

マウロの地中海トマトの種子・資材のご注文は、FAXとメールにて承ります。

詳しくは、以下よりご確認ください。

 

●トマトの種子・資材の注文フォームはこちら

 

IMG_2607

5月14日(土)明治大学にて「アスパラガス新栽培法『採りっきり栽培』発表会」を開催いたします。

明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室との共同研究により、アスパラガス新栽培法を開発いたしました。

その名も「採りっきり栽培」(商標登録申請中)。

 

従来のアスパラガス栽培の常識を変える新しい栽培方法として、明治大学生田キャンパスを中心に試験栽培に取組んできました。

当日は、明治大学 農学部 元木悟准教授より、採りっきり栽培の概要から現場に導入する際のポイント等を詳しくご説明いただきます。

 

参加申込並びに詳細につきましては、園芸種子部 アスパラガスページにて順次ご案内いたします。

 

●開催決定!アスパラガス新栽培法「採りっきり栽培」発表会について

 

a0960_000913_m

3月9日(水)千葉県袖ケ浦市にてトマト&アスパラガス栽培講習会「赤と緑の栽培セミナー in千葉」を開催いたします。

平素から変わらぬご愛顧誠にありがとうございます。
昨年末より、弊社西日本事業所が中心となり、九州から関西までの西日本エリアを中心に各地で開催してきたトマトのソバージュ栽培及びアスパラガスの栽培講習会「赤と緑の栽培セミナー」。
ご好評により、多くの方からお問合せと西日本エリア以外での開催のご要望を頂き、このたび関東は千葉県袖ケ浦市で開催させていただく運びとなりました。
赤はマウロの地中海トマト、緑はアスパラガスを示しており、双方の露地栽培技術を活用した新しい考え方をご提案させていただきながら、ゲストをお呼びして現場で役立つ情報もご紹介させていただきます。

繁忙期直前での開催ではございますが、今期の取組みのご参考にしていただけますと幸いです。

詳しくは、以下よりご確認ください。参加ご希望の方は、事前に参加申込をお願いいたします。

●実施概要はこちら

●参加申込はこちら

12279421_860710230693694_2010238622_o

 

やさいの時間(3月号)/「深町貴子流プランター栽培」にてブラッディタイガーが紹介されました。

「深町貴子流プランター栽培 夏野菜のタネまき」にて、マウロの地中海トマトより”ブラッディ―タイガー”が紹介されました。

ぜひご覧ください。

やさいの時間_3月号

 

P.S.ラボ/MRDCの最新情報をアップいたしました。

P.S.ラボ/MRDCを新設し、最新情報をアップいたしました。

本ページにて最新情報を随時ご紹介してまいります。

 

nav_cont_faq

日本農業新聞(1月11日)資材・業界面/「会社フォーカス」にて社長インタビューが掲載されました。

飼料・穀物種子事業、PSシステム事業、園芸種子事業、PSラボ/MRDCの各事業についてご紹介しております。

掲載記事はこちら

 

製品カテゴリ‐【SAMCO】

メディア掲載 2016.01.12