PS農家紹介

すでにPS農法を取り入れ、その効果を日々実感されている農家の方々をご紹介いたします。

角 直記さん

第45回 日本ばら切花品評会『生産局長賞』受賞 バラ栽培農家角 直記さん(福岡県八女市)

バラ栽培歴:30年PS導入後:3年栽培品:バラ 品 種 名 :ハニーブリーズ・ローテローゼ・プリティウーマン・ティネケ・スイートネス・バタースコッチ・ローズメグ・クイーンズデイ等

第45回 日本ばら切花品評会『生産局長賞』受賞

PSインタビュー

T-Tape®や液肥&活力剤の導入で効果アップ!

角さんの農場風景

角さんの農場風景

私は、バラの市況単価が伸び悩む中、何とかして切花本数のアップ・品質の安定を図りたいと考えていた折、 点滴潅水チューブT-Tape®の 話を耳にしました。
その時、点滴潅水の考え方に興味を引かれ、T-Tape®の導入に踏み切りました。
しかしながら、パイオニア社の取り組みで一番心引かれたのは、まさにPSシステム(これまでの経験と勘の農業ではなく、定期的な植物分析と土壌分析結果に基づく肥培管理)でした。

H12.1月頃より、PSシステムを利用していますが課題であった冬場(特に2月頃)の切花本数がアップ・安定しました。品質も安定したものを出荷しています。

角さんの農場風景:すらりと伸びたステム!

角さんの農場風景:すらりと伸びたステム!

利用しているパイオニア社の液肥&活力剤については、次の様に感じています。
PSマリンパワーの使用により、丈がとれるようになりました。
今回受賞したハニーブリーズもそうですがその他の品種についても、PSキレート5の使用により、花色がボケにくく葉の厚み・つやも良好なものが切れるようになりました。
今回の受賞により、平成15年2月 皇太子殿下のお誕生日にバラを贈呈する事となりました。

お問い合わせ・資料請求

PS農法に関するお問い合わせ・資料請求、その他ご相談などお気軽にご連絡ください。