ロッソナポリタン ~生でも美味しい~



マウロの地中海トマトの中でも美肌成分である「リコピン」と「プロリン」が特に多く含まれている品種です。

さらに、美味しさの基本、うま味成分である「グルタミン酸」が多く含まれ、程よい酸味が特徴です。
塩とオリー ブオイルで炒めるだけで、本格イタリアンが完成します。

 

特徴

高糖度で生食に向く赤色ミニトマト。
ピンク系大玉トマトに比べてフルクトースが約3倍※2。 コラーゲンの主成分プロリンが約9倍※2。機能性成分リコピン は約6倍*3も多く含まれている。
優しい甘口で調理にも最適。塩とオリーブオイルで炒めるだけ で美味しい。
極早生、小葉でやや伸び採光性が良い。花数は20~25花/ 房、濃赤縦長果で裂果が少ない。
耐暑・耐寒性があり、幅広い作型で栽培できる。

栽培のポイント

  • 1

    樹勢はおとなしめなので樹は強めに肥培管理する。

  • 2

    カルシウムやマグネシウム等のミネラル、微量要素を積極的に施用する。ソバージュ栽培の場合は乾燥にも注意。

抵抗性・耐病性

※萎ちょう病(F1)・半身萎ちょう病(V)・ToMV(Tm-2型)に抵抗性
適作型…露地(寒高冷地・一般地・暖地)/半促成、促成/抑制

この商品の関連リンク