にんじん

柿にんじん、アムス&テルダム

コンセプト

少子高齢化、核家族化が進む昨今、消費者が料理に使用する野菜の量は減少傾向にあると言われています。そのため、大きめのにんじんは、1本使い切るまでに日数を要すると鮮度が落ちてしまいます。

そこで私たちは、「調理しやすく使い勝手が良いにんじん」「使い切りサイズのにんじん」をコンセプトに、ミニキャロット&ミディキャロットサイズで美味しさを発揮するにんじんの開発に取り組んでいます。

1回の料理で1本使えるサイズは、無駄もなく、冷蔵庫の中で腐らせる心配もなくお得です。
さらに、小さい面積でもできるだけ収益を上げる栽培法として“密植栽培”を推奨しております。

お知らせ