ホーム >新作トマト> ブラッディタイガー

ブラッディタイガー

特性

  • ・名前の由来:Bloody Tiger(血まみれの虎)の意)。野生の虎がリコピンシャワーを浴びたようなビジュアルから。
  • ・糖度が9~11度と高く、プラムのようなパリっとした新食感のミニ。
  • ・リコピンをピンク系大玉に比べて約6倍、輸入品缶詰に比べて4倍多く含有(食品分析センター調べ)。
  • ・茶色と緑のストライプ柄がユニークで個性的。
  • ・果重は20g程度、生食向き。
  • ・3段目以降でダブル花房が発生しやすい。
  • ・草勢は中程度、草姿はすっきりしており、採光性が良い。
  • ※ToMV(Tm-2a型)に抵抗性

栽培の要点

  • ・台木はTm-2a型を使用する。
  • ・草勢が強いと裂果の原因になるため、元肥・潅水は控えめにした栽培を心がける。

販売の要点

  • ・見た目が珍しいだけでなく、高リコピンと高糖度を兼ね備えた希少性の高い品種で、さらに食感までプラムのようである事をPOPなどで強調すること。
  • ・パッケージに品種のロゴ入りシール(有償)を貼って消費者への訴求力アップ!

収穫敵期

収穫敵期

専用資材

これなら簡単!ドキドキ・ワクワクする様な売場づくり★

  • 苗ラベル

  • シール(JANコード無タイプ)

  • スタンドパック

  • ダンボール

もっと詳しい情報はこちらから! 資材ページへ

種子・資材のご注文はこちら

  • Eメール
  • FAX